「正確なショットが打てない・・・ 何故思い通りにコントロールできないんだ・・・」


ゴルフは趣味としても盛んですが、
日本では仕事にも繋がる重要なポジションにある特殊なスポーツです。


特に30〜40代の方は、
少しでもゴルフが上手くできるようにゴルフにさまざまな出費をしていることでしょう。


しかし、「ゴルフ上達」という概念にとらわれてしまい、
多くの方が間違った練習を積んでいます。


ゴルフを上達させる為にあなたは今何に取り組んでいるでしょうか?


きっと様々な関連書籍の購入、週末には打ちっぱなしで練習し、
レッスンプロのトレーニングなどを受けているかもしれません。


これらの取り組みはすべて「技術面」を鍛えることです。
しかし、技術面だけを磨いてもゴルフが上達しないことはもうすでにお分かりのはずです。


では、少し思い返してみてください。


それらの中に「メンタル」を鍛えるとまでは言わずとも、
少なからず「メンタル」に触れた部分はあったでしょうか?


よく、体と心のバランスが取れないと聞きますが、
心身を上手くコントロールできるようになれば、
常にいいテンションを持ってゴルフができます。


つまり、心身それぞれを天秤にかけた時に均等に保たれていないと、
人間は本来の実力を発揮することができないのです。



もっと言うなら、ゴルフは技術面よりもメンタル面が持つ影響力が高く、
天秤ではそれぞれが釣り合う形ではあるものの、メンタル面の内容が濃ければ濃いほど、
あなたが望むような、確かなゴルフができるのです。


この「ゴルフ上達の極意」は、あなたのゴルフの力を最大限に発揮することができます。


きっとあなたは、今はまだ半信半疑だと思います。
しかしこのページを読み終わる時にはきっと、
いかにゴルフはイメージすることが大切なスポーツかお分かり頂けると思います。


イメージしてみてください。
あなたが心地よい緊張の中で思い通りのショットを決め、
今までに持つことが出来なかった「真の喜び」を味わう姿を ――




90%以上の人が「自分のゴルフ技術」を過小評価しています。


あなたはこれまでの人生の中で「プレッシャー」を感じたことはありませんか?


例えば、試験であったり、試合、発表会など、
プレッシャーを感じながらも、自分を表現しなければならない立場が必ずあったはずです。


プレッシャーはあまりいいものではありませんよね。


考えなくともいいことを考えてしまったり・・・
ポジティブに考えようとしても、ネガティブな要素が勝ってしまったり・・・


ゴルフに例えれば、

・ プレッシャーに負けて、コントロールが乱れる。
・ ゴルフの朝は意気込んで出かけるが、コースに出ると弱気になってしまう。
・ 今まで順調にプレイしていたのに、大事な見せ場でつまずいてしまう。
・ 自分より上手い人と回ると、劣等感を持ってしまい実力を出せない。
・ 「お得意様に失礼がないように」と思えば思うほど散々なゴルフをしてしまう。

などなど、プレッシャーを感じてしまうと決して安定した結果に繋がらないものです。


では、このプレッシャーをなくすと、どこまでゴルフが上達し、自分のゴルフができるかを
実際に「ゴルフ上達の極意」を活用した声から確認してみてください。


「ああ、これは私のことだ」と思い当たる箇所がいくつもあり、私のために書かれているような錯覚を覚えるほどでした。
大滝先生、
お世話になっております。富田です。
ここ1カ月ほど先生のプログラムを実行させていただいています。

私の場合はゴルフ歴はまだ2年程ですが、はじめたばかりの頃は怖いもの知らずというか、
技術はまったく身についていないにも関わらず、パターもかなり良く決まっており、
周囲の先輩方に驚かれる程でした。

その後、私なりにさらに上達しようと思い練習場に通ってレッスンを受けるようになったのですが、
それ以降、ゴルフに対しての知識が増えれば増えるほど、逆に思うようなプレーができず、
ゴルフに対しての恐怖心といいますか、大きなストレスを感じるようになってきました。

はじめたばかりの頃は日曜に早起きしてラウンドするのが楽しみだったのですが、
レッスンを受けるようになってからは、ゴルフの2日前くらいから、
「ああ、行きたくないなー」「また思うようにできなかったらどうしよう」などと考えるようになり、
ゴルフに行くこと自体が苦痛に感じるようになってきました。

本当に上達したい気持ちはあるものの、やりたくない、失敗が怖い、という気持ちが同居して、
とても楽しんでゴルフができるような心境ではなく、かといって仕事がら接待でコースをまわることが多く、
断るわけにもいきません。

そこで今回大滝先生のプログラムを見つけて、先生がかなりの経歴をお持ちということで驚き、
こちらのプログラムに参加させていただきました。

最初は催眠でゴルフって!?と思っていましたが、内容を読むにつれて
「ああ、これは私のことだ」と思い当たる箇所がいくつもあり、
私のために書かれているような錯覚を覚えるほどでした。
特に「ゾウの話」ではまったく私のことだと思って、
まさに失敗すべく失敗していたのだ、ということが理解できました。
その後先生のプログラムを実行させていただいて、
まだ正直、完全に自分の思ったようなプレーになっているというわけではありませんが、
はじめにゴルフを始めた頃の、のびのびとゴルフを楽しむという気持ちがかなり戻ってきました。
また、パターは思ったように決まることが多くなってきました。

この調子で続ければ、いい調子で上達するのでは、と思っています。
また、何より嬉しかったのが、レッスンの先生にも「最近楽しそうに
ゴルフしてますね」と言われたことです。
「あ、嫌だという気持ちも意外に人には伝わっているのだな」と思ってハッとしたものです。

まずは取り急ぎの経過報告までですが、今後もまたご報告させて頂きたいと思います。
これからもどうぞよろしくお願いいたします。




トラウマだったバンカーでお手本のようなショットが決まった!
ゴルフは好きで、一生懸命練習もしているのに、なぜうまくならないのか?
それが長い間抱えていた悩みでした。
「このドライバーは飛ぶ」と聞けばすぐに買い替え、良いパターがあると聞いては注文し、
うまくなりたい一心でスクールにも通い、上達するために自分にできる限りのことはやってきたつもりです。

正直、どれだけお金を使ったかわかりません!

それでも、思ったほどの手ごたえはなく、「自分の実力はこんなもんか・・・」と諦めていたところ、
このプログラムと出会いました。

新しもの好きなので、これもちょっと試してみようか、くらいのつもりでいたのですが、
本を読んでいくうちに、なぜ自分のゴルフがうまくならなかったのか、その理由がわかってきました。

そして、本に書いてある通りに、イメージを意識しながらコースをまわるように心がけました。

最初はこれといった変化もなく、あまり効果を感じませんでしたが、
3回目ぐらいのとき、いつも脱出に苦労するバンカーショットを、試しにイメージを使って打ってみると、
自分でも信じられないくらい「スーッ」と吸い寄せられるようにピン横につけられたのです!

いつも、クラブの握り方だとか、フェースを開くとか、エッジが・・・軌道は・・・とか
そんなことばかり気にしながら打っていたのですが、意識すればするほどドツボにハマり、
バンカーは最近ではほとんどトラウマのようになっていました。

でも、お手本のようなバンカーショットを決められて、
何かイメージするコツのようなものがわかってきた気がします。
(その日は、別のホールであと2打、イメージ通りのショットが決まりました!!)

いままで技術はたくさん学んできたはず。
あとはそれをどうやって引き出していくかなんですね!

本を読んでいるうちに、あれも、これもと、試してみたくなることがたくさん出てきました。
これからは今までと違った意識でゴルフが楽しめそうです!

良い本を書いていただき、ありがとうございました。

また、結果が出たら報告いたします。



やっと100を切ることが出来ました!次回は初の80台を目指します。
はじめまして志賀と申します。

私がかねがね定年したらしたいと思っていたことが二つ有りました。

ひとつは、今まで私を支えてくれた妻への恩返し、
もうひとつは、好きなゴルフを楽しみたいという事でした。

ゴルフに関しては、好きだと言っても定年までは仕事が忙しかったので、
2ヶ月に1回仕事の仲間をワイワイできる程度でした。

スコアは100が切れず103から108を行ったり来たりです。
ゴルフ仲間からは「除夜の鐘スコアだ」といつも冷やかされていました。

そんな時いつも「ゴルフがもっとうまくなりたい」と思っていました。

定年後は時間もできましたので、集中的に練習場に通い打ち込みを行いました。
しかし、残念ながら、いざゴルフコースを回ってみるとスコアは全く変わりません。

かえって、過度の運動の為体調を崩してしまい、
ゴルフが楽しくなく、苦痛さえ感じるようになってしまいました。

こんな感じで、がっかりしている頃、ゴルフ場の先生から
この「ゴルフ脳強化プログラム」を紹介されました。

読んでみてビックリ!新鮮な驚きです。
今まで技術の知識ばかりに集中していましたので、
イメージトレーニングは全くしていませんでした。

このプログラムは解りやすくて、理解できるように説明されているので
すぐに理解できました。

2週間後にゴルフコースを回り、いきなり100を切ることができました。
今は未だ90代ですが、「次回は90を切れるのでは」と期待しております。
再び、ゴルフが楽しくできるようになり、大変よろこんでおります。

最後に、このプログラムを実践して感じたことですが、
この「ゴルフ脳強化プログラム」は単にゴルフの上達プログラムと言うことだけでなく
すべての事に応用できる成功プログラムだと感じました。

私のこれからの目標達成にも、大いに活用したいと思っております。



驚いたことに、今ではスコアが22も縮まりました!クラブも練習頻度もいままでと変わらずだったのにです。
私は打ちっぱなしではうまくまっすぐ飛び、飛距離も出るのですが、
コースに出ると、ショットは右に左に大きく曲がり、
飛距離が出ないどころか、大切なところで意識しすぎて空振りすることさえありました。
「まだ始めたばかりだから」と自分に言い聞かせ、はやくうまくなるように練習にも力を入れましたが、
始めて2年経った今でも、やはりコースに出ると普段の力の半分も出せず、
だんだんゴルフが面白くなくなってきました。
「もう、ゴルフなんかやめてしまおう」と思っていた時、
テレビ番組で、あるプロゴルファーが「ゴルフはメンタルのスポーツだ」と
言っているのを聞き、このプログラムを手にすることに決めました。

とても分かりやすく書かれていて、またシンプルで簡単に実践できることから、
しばらくトレーニングを続けてみることにしました。
その後、実際コースに出るとショットもほぼぶれることがなく、
飛距離も安定して出せるようになりました。

そして驚いたことに、今ではスコアが22も縮まりました!
クラブも練習頻度もいままでと変わらずだったのにです。

これには私のゴルフ仲間よりも自分がいちばん驚きでした。
それと同時にやはり「ゴルフはメンタル」ということを改めて思い知らされました。

今ではこのマニュアルをビジネスや私生活にも応用しています。





多くの方が「心」の最適化をするだけで、本来の能力を発揮してゴルフが上達しています。


申し遅れました、私、大滝 保(おおたき たもつ)と申します。
大学で心理学を専攻し、精神医学の教授から催眠療法を学んで参りました。


約20年の実績と経験を基に現在も研究を行い、
メンタル重視となるスポーツのメンタルトレーニング法などを提案しております。



大滝 保(おおたき たもつ)
自分の理想を実現すべく、〔横浜催眠心理オフィス〕を開設。


平成16 年:催眠療法士として初の社会文化功労賞受賞



現在では、現役の医師が習いにくるほどになり、
テレビ、雑誌などでも紹介され、プロアスリートをはじめ、
多くの芸能人が来院。

メンタルがいかに人間に影響を及ぼすかを広げるため、
次世代に優れたインストラクターを輩出するべく、
インストラクターの養成も行っている。

そのほか、気功トレーニングの普及にも力を入れて
幅広く活動している。



『日本一分かりやすい催眠の本』(文芸社)『トラウマ力』(本の泉社)  ※2009年、日本アカデミー協会・日本文芸アカデミー賞を受賞。





現状では、特に30〜40代のゴルフに悩みを抱える方が私を訪ねてきており、
何故ゴルフが上達できないのか、真剣に考えておられます。


しかし、私が訪問してこられる皆さんに「ゴルフ上達の極意」を教えると、
平均して1・2ヶ月で結果が現れる方がほとんどです。
早い方では1ヶ月以内でメンタルの土台を築ける方もいるほどです。


私はこの「ゴルフ上達の極意」を実践していただければ
あなたがまだ使いきれていない「ゴルフの能力」を引き出すことが可能だと
自信を持っております。


実は・・・「20%の技術」と「80%のメンタル」であなたのゴルフ上達速度が決まります。


ゴルフはスポーツでありながらも、非常に神経を研ぎ澄ます行為でもあります。


例えば、サッカーや野球といったポピュラーなスポーツは、正確性は求められるものの、
最終的に「点を入れる」スポーツですから、ゴルフと比較すると、
そこまで神経を研ぎ澄ます必要性はありません。


結論から言えば、ゴルフとサッカーを比較した場合、
サッカーゴールはとても大きな枠に入れればいいわけですが、
ゴルフのカップはとても小さな枠、そしてスコアも気にしながら、
より計画的に事を進めていかなければなりません。


それにサッカーにはミスがチャンスになったり、計画性とは裏腹のアクションを起こしても、
それがチャンスに直結することもあります。


でも、ゴルフではどうでしょうか?
ミスがチャンスになることは、まずありません。


メンタルにちょっとの揺らぎや不安が生まれた・・・それだけでショットに乱れが生じます。
正確性の優劣でプレーヤーの順位が決まる、非常にシビアな世界です。


この「ゴルフ上達の極意」を生み出す前の私は、
ゴルフはメンタルスポーツであることはわかっていましたが、
私が研究している技術を取り入れようとは思っていませんでした。


しかし、ある日のこと、精神的な悩みを抱えている患者さんがカウンセリングに来た時に、
ふとしたことでゴルフの話になったのです。


その患者さんはゴルフが大好きでしたが、
いわゆるアガリ症、そして肝心なところで決められないことを悩んでいました。


はじめは談笑だったのですが、どうやらゴルフは患者さんが勤める会社のお得意様との
機会が多いようで、かなり重要なお付き合いの一つであることがわかりました。


その後も、他の患者さんからゴルフの悩みを聞かされることがたびたびありました。


「ゴルフでの接待で失敗しちゃって・・・」

「ゴルフでアピールして、印象をよくしたいんだけど・・・」

「ゴルフって、いいクラブ購入しても、まったく駄目だね・・・」

などなど、多くの悩みを聞きました。


実は私もゴルフは趣味程度にやっており、
ゴルフにおけるモチベーション管理の重要性はわかっていました。


特に重要な立場でのゴルフであれば、
当然モチベーションや日々の鍛錬方法などが大きく関係します。


技術面も確かに重要ですが、
その技術を最大限に生かすには、メンタルがもっとも重要です。


そこからゴルフにおける研究に本腰を入れ、自らも重要なゴルフの環境に身を投じて
体験するようにし、ケースに合わせて一つずつデータを取っていきました。


ここで重要となったのが、それぞれのプレッシャーの感じ方だったのです。


プレッシャーの感じ方

Aさんの場合
 序盤はリラックスしたゴルフができるものの、
 後半になるにつれて、プレイの精度が落ちていった。

考査
   これは、「フィニッシュ」を強く考えすぎるあまり、
   過度なプレッシャーと不安をメンタルが意識してしまっている為でした。


Bさんの場合
 ゴルフをする以前から重要な環境下でのゴルフということもあり、焦っていた。
 本番では、序盤から精度に乱れがあった。
 ようやく慣れてきたと思った頃には、ゲーム終了を迎えてしまった。

考査
   これは重要な機会であることを強く意識しているため、
   失敗ができないという大きなプレッシャーを抱えているケースです。
   後半になるにつれて和らいだのは、ゲームがとりあえずは終了するという
   安心から来たものでしょう。


Cさんの場合
 終始、一般的なゴルフをしているものの、ところどころで精細を欠いていた。

考査
   この方は、ゴルフに対する意識の持ち方をちょっと改善するだけで、
   思い通りのゴルフができるようになりました。
   集中力のコントロールがキーです。




紹介した方の他にも、それぞれのプレッシャーの感じ方がありました。


これらのデータをもとに、誰にでも適用できる「ゴルフでのメンタルの持ち方」と
「ゴルフ上達法」を研究してきました。


その結果、明らかになったのが、
この「ゴルフ上達は20%の技術と80%のメンタルで決まる」ということでした。


ゴルフと聞くと、どうしてもテクニックがものをいうスポーツと判断されがちですが、
そのテクニックを引き出すための要となるのが、メンタルです。


世界で活躍する一流のプロゴルファーたちは、テクニックもさることながら、
メンタルトレーニングに多大な時間をかけ、しっかりと鍛え上げています。


だからこそ、重要な大会でスーパーショットを決めたり、ブレがないプレイができるのです。
この2:8の割合は技術面が少なすぎるように思えますが、むしろちょうどいい割合なのです。


きっとあなたも、「とにかくテクニックさえ磨けば・・・」と、
雑誌や教本などに手を出した経験があると思います。


確かにそれらからはテクニックは学べます。
個人差はありますが、しっかりと実践していれば、いずれ身につくはずです。


ただ・・・メンタルは身につきません!
だからこそ、多くの方が「どうして自分はゴルフが上達しないんだろう・・・」と思うわけです。


また、人間の意識というものは、顕在意識潜在意識に分かれています。


顕在意識は、私たちが行動を意図的に行うための意識です。
一方で潜在意識は、無意識に働く意識を指しています。


潜在意識は、呼吸や脈などの生命維持活動を担っており、
顕在意識とは違って、自分の意思で動かすことは非常に困難です。


簡単に言ってしまえば、顕在意識の扉はいつも開錠されていますが、
潜在意識の扉は固く閉ざされているのです。


しかし、潜在意識は従来の人間の能力を最大限に生かすことができる意識でもあります。
潜在意識を使える確率が高くなれば、それだけ意識をコントロールしやすくなるのです。


つまり、偉業などを成し遂げるためには
潜在意識をどれだけ呼び起こして、活用できるかなのです。


ただ・・・
私たちの意識の占める割合は、おおよそ、顕在意識が2割
そして潜在意識が8割
となっています。


ところが私たちは普段は顕在意識を主に活用しているため、
約8割もの未知なる能力を使わないでいるのです・・・。


よく奇跡と呼べるかのようなスーパーショットや
完璧なスコアを連発するゴルファーがいますが、
彼らは「潜在意識」を上手に引き出せていると考えられます。




「心のクセ」を上手にコントロールする事が思い通りの結果を生み出します。



しかし、あなたはここで疑問をお持ちのことでしょう。
「意図できない意識をどうやって引き出すと言うんだ!」
そう思われているはずです。


「心のクセ」はゴルフをプレイしている時以外でも
常に働いているものです。


しかしその「心のクセ」はある方法を使うことで、
簡単に強化することができ、コントロールも自在に、
さらに潜在意識も自由に引き出せるようになります。



分かりやすく説明すると「意識への呼びかけ」をするだけです。
これこそ、ゴルフをプレイする際にあなたの技術を最大限に活かすことができます。


こうしたトレーニングはゴルフ界ではもちろんのこと、
世界中のアスリート、スポーツ選手に取り入れられている強化訓練のひとつです。


方法はそれぞれの専属トレーナーによって異なりますが、目指すものは一緒、
土壇場に強い、決定力を生み出すプラス思考の「心のクセ」づけなのです。



有名な選手には専属の有名なメンタルトレーナーがついています。
だからこそ、一般人よりも確かな能力を生み出すことができるわけです。


私たちはあたかも有名選手を最初から凄い能力を持った人物として見てしまいます。
しかし、ここが大きな間違いなのです。


ゴルフの世界は決して、技術面だけでのし上がれるものではありません。
最終的にメンタルが強固な選手、そして技術も持った選手が生き残るスポーツだと思います。


例えば、技術面では大差がないライバル同士で、明らかな差が出た場合は、
メンタル以外に考えられません。


重要な場面でいかに自分のゴルフを貫き通せて、冷静でいられるか。
そして、メンタルが強固だと意識にも余裕が生まれます。


これはプレイにおけるひらめきにも繋がります。


プロの大会などを見ても、凄いゲームでは本当に熾烈な戦いになりますよね?
サドンデスが長々と続くこともありますし、お互い譲らない状況をよく目にします。


肉体的なスタミナが減少しても、メンタルにおけるスタミナが豊富なら、
意識がまだ前を向ける状態ですから、どんなカバーでもできるのです。


ただ、肉体的なスタミナが減少している状態で、
メンタルにおけるスタミナが乏しい状態だったら・・・


この場合、集中力が低下しますし、モチベーションも低下します。
つまり、プレイにムラがでますし、大きく精度を欠いてしまうのです。




勝負強さというものは、あなたが持つ技術力を土壇場で発揮できること。


つまり、技術力を正確に出すためには、メンタルの充実が必要とされるのです。


私が編み出した「ゴルフ上達の極意」もメンタル・トレーニングの一種で、
ゴルフに最大限特化したメンタル強化トレーニングを作り上げました。


全てはあなたがゴルフを心から楽しんで、思い通りのプレイを展開できることです。
思い通りのゴルフをするためには、技術面だけを鍛えても、ほぼ効果はないでしょう。


もし、技術面だけの訓練でゴルフが上達する人がいるなら、
もともとその人は、メンタルの土台ができているのです。


ただし、多くの方がメンタルは安定したものでないですし、強固なものでありません。
だからこそ、メンタル・トレーニングなくして、ゴルフは絶対に上達しません。


いつも大事なところでミスしてしまう・・・・
プレッシャーに負けてしまう自分が出来上がっている・・・
もっと正確なコントロールができたら・・・
スコアをあと5〜10打くらい縮められたら・・・
練習は死ぬほど積んでいるのに、なぜか結果に現れない・・・


ゴルフにおける悩みはそれぞれですが、
すべてはマイナス思考に働く「心のクセ」が影響しています。


だからこそ、プレッシャーとメンタルをコントロールすることが上達への近道なのです。


常日頃から、ゴルフに最適な脳、意識を作り出してしまえば、
練習もはかどりますし、本番でも効果ができますよね。


ゴルフで正確なショットを打つためには、集中力が必要です。
集中力がなければ、コントロールに繋がらず、大きくターゲットポイントからズレます。
集中せずに闇雲に打って、思い通りの場所に飛んだとしてもそれは「マグレ」になります。


「マグレ」はラッキーな現象の一つですが、決して多発できるものではありませんし、
それがあなたの自信には決して繋がることはありません。


ゴルフは集中して、いかにターゲットを捉えられるかで決まります。
精度を上げていくためには、集中力の質も上げなくてはならないのです。


“技術でカバーする”という言葉も聴きますが、、
それは完全に集中力を発揮できている上での言葉です。


決して技術がカバーしているわけではなく、
いざとなった時に素晴らしい集中力があるからこそ、
技術でカバーしたように思えるだけです。


ただ、人間はどんなに集中していたとしても、「ミス」をする生き物です。
精密機械ではありませんので、誤差はつきものです。
それに「ミス」をしてしまうと、どうしても平常心を保てなくなりますよね。


「うわ・・・やっちゃったよ。このホールはもう散々だな・・・」


こんなことを思ったことはありませんか?


ミスはメンタルにマイナスの効果を与えて、プレッシャーをかけてきます。
そのプレッシャーに負けてしまうことで、自分のゴルフができなくなり、
半ば諦めモードでゴルフをしてしまうことに。


しかし、ミスを上手く利用する方法もあるのです。
ミスはプロだってしますよね?


それでも、ミスから優勝してしまうパターンが多い。
これには確かな理由があります。


あなたはミスをしてしまってから、どのようなゴルフをすべきか明確なビジョンがありますか?
ミスもプラスに捉えることができるのが、メンタル・トレーニングの凄さです。


いかがでしょうか?
メンタルに余裕があれば、あなたのゴルフは大きく変わるのです。


実際にゴルフに悩んでいた方に、この「ゴルフ上達の極意」を教えたところ、
どなたも伸び伸びと自分のゴルフをしています。


メンタルの理解力が足りてなかった、
もしくは間違った認識をしていたという声が圧倒的に多く、
沢山の感謝の言葉を頂いています。


実践する方が不快感を持つことなく、マイペースに意識を作り上げていく。
そして、自分が持つゴルフの技術をフルに出すことができる。


ここに私は徹底的にこだわりました。
自然に取り組めるメンタル・トレーニングにおける努力で、
あなたが描くゴルフの理想を実現させるために「ゴルフ上達の極意」を作り上げたのです。



ゴルフ脳へ変わり、コントロールも自由自在 思い通りのゴルフがプレイできるように!



たったこれだけです。


まずは「心のクセ」への働きかけの知識やあり方を知って基礎を理解して頂き、
あとは実践して、あなたの意識を「ゴルフ脳」へと変えるだけなのです。


ですから、スコアアップやコントロールショット、そして自在なゴルフをしたいとお思いなら、
技術面の引き出しよりもメンタル面の引き出しを多くしなければ、
あなたが思い描く理想のゴルフには到達できません。


本当にあなたがゴルフの上達を目指しており、
以下の条件のいずれかを満たしているのであれば、
この「ゴルフ上達の極意」はあなたに最適な効果を発揮します。


この「ゴルフ上達の極意」はあなたに最適な効果を発揮します。


以上の条件はあくまで目安です。


とにかく「ゴルフが上手くなりたい!」という気持ちがあなたにあるのであれば、
「ゴルフ上達の極意」からなるプログラムは、
あなたのゴルフを完全にバックアップしてくれます。


ざっと「ゴルフ上達の極意」のプログラム内容を大別すると
4章に分けられています。


それぞれの章で、メンタル・トレーニングの重要性と
ゴルフ脳にするための方法を学ぶことができるようになっています。


ゴルフ上達を目指すあなたにとって、今のあなたのゴルフは苦痛かもしれません。


楽しいとは思いつつも、きっと心の底では、
思い通りにならないプレイに苛立ちを覚えていることだと思います。


ゴルフというものは、少しずつでも思い通りのプレイができるようになった頃から、
かなり面白く、奥深い存在になるスポーツです。


どんな状況でも気持ちに余裕ができ、思い通りのプレイができている
あなた自身を想像してみてください。


想像を具現化するという表現がふさわしいかもしれません。
きっとあなたのゴルフへの不安を解消してくれる答えが「ゴルフ上達の極意」にはあります。




ゴルフ上達の極意を実践すると、あなたのゴルフが「変化」します。

常に自分のゴルフができるようになる
トレーニングの効果によって、どんな状況下でも、ゴルフに集中することができるようになり、
今までミスしていた部分でも安定したプレイができるようになります。
スコアを縮めることができる
ゴルフでは重要なスコアアップも、「心のクセ」の改善をすることで、あなたのゴルフ精度が
上昇するため、すぐに結果が現れていきます。
コントロールが的確になる
今までブレていたコントロールもより的確に打てるようになり、トレーニングを実践するほど、
精度が増していきます。
集中力が格段に上がる
ゴルフは本当に集中力を必要とするスポーツですが、トレーニングによって、
集中力の充実化が可能になり、集中力の切り替えなどが上手くなります。
プレッシャーをコントロールできるようになる
プレッシャーは嫌な存在に思えますが、意識を変えることでプラスに働かせるようになります。
意識のあり方を学べる
人間における意識のあり方について理解できるので、人間の心理を考察できる力も身につきます。
ライバルに勝つことができるようになる
もしあなたにライバルという存在がいるのなら、このトレーニングであなたのゴルフが上達する上に、
相手の「心のクセ」を見抜けるようになりますので、その勝負自体をコントロールして勝つことが
できるようになります。
時間を有効利用できる
今までに費やしていたゴルフ上達への練習時間を短縮することができます。
ゴルフ以外にも活用できる
ゴルフに特化したメンタル・トレーニングではあるものの、メンタルの活用法が学べますので、
いざという時に強い自分を持てるようになり、様々な環境で適応できます。
周囲の評価がよくなる
ゴルフでのスコアアップなどはもちろん、コントロールも改善されるため、
周囲から一目置かれる存在になるでしょう。アドバイスを求められるようになるかもしれません。
潜在意識の活用法を学べる
人間の真の能力を発揮するために重要な潜在意識の活用法が学べますので、
あなたの能力の底上げが可能になります。
ゴルフにおける無駄な出費が減る
このトレーニングによって必然的にテクニックも向上させることができるため、他の教本や、
高価なゴルフアイテムを購入する必要がなくなります。
ゴルフをより楽しめる自分になれる
思い通りのゴルフができるようになっていく為、従来とは比較できないほどにゴルフが
楽しめるようになります。
ゴルフコンペなどで順位が上がる
大会やコンペなどがあれば、今までよりも順位が上昇するはずです。そのため、
賞品なども手に入れやすくなるかもしれません。
積極的なゴルフができる
常に前向きで攻めるゴルフができるようになります。ピンチもチャンスに変える起点を
作り出せるようになるでしょう。





これらのメリットの他にも、きっとあなたのゴルフ上達の上で
欠かせないものが沢山あるはずです。


紹介しきれない内容でしたので、魅力となるであろう部分を抜粋させて頂きました。


さて、あなたがもっとも気にしているのが、
この「ゴルフ上達の極意」のプログラムのお値段でしょう。


ゴルフ上達教材はピンきりですが、あれもこれも購入するとなると結構な値段がしますよね。
それにメンタル・トレーニングともなると、本当に確かな知識と指導が必要となりますので、
そこを考えるとやはりトレーナーを用意する必要があると思います。


実際にメンタル・トレーニングは、1時間で10000〜20000円が相場となっています。
しかし、1時間で理解できるものではありません。
ともなれば、結構大きな金額になりますよね・・・。


また、ゴルフレッスン料も通いつめていると、大きな出費になります。
間違いなく、これらを月の出費で計算すれば、10万円では収まらないはずです。


さらにそれぞれ通うために時間をさかなければなりませんから、
働き盛りのあなたにとっては現実問題としてかなり厳しいものがあるでしょう。


しかし本プログラムは、メンタルトレーニングのすべてが学べるだけでなく、
ゴルフ上達のテクニックと知識もぎっしりと詰め込んでいます。


それにあなたのペースで実践することができますし、場所も問いません。
すべてあなたの自由に本プログラムを活用することが可能です。


それを考えますと、やはり私が頑張ってゴルフにおける、
あらゆる上達法にかかる1ヶ月分のお値段10万円で販売するのが
妥当ではないかと思いました。


ただ、本当にゴルフが上達したいと思っていた方を思い出しますと、
あまりにも10万円での販売はナンセンスだと感じたのです。


1か月分の出費よりも当然低くして、有意義なものを提供したい。
そうでなければ、本プログラムもありふれた教材の一種として
見られても仕方がないと思ったのです。


そこで思い切って、お求めしやすい価格に設定させて頂きました。




お申し込みはこちら

お電話によるお申込みはこちら

お申し込みボタンクリック後、お申込みフォームが表示されます。
オンライン通販版ご注文の場合、製本・コンポ・送料代として、別途2,850円かかります。
決済方法は、クレジットカード、銀行振込、郵便振替、コンビニ決済、BitCashからご自由に選択していただけます。
オンライン通販版は、代金引換もできます。(手数料350円)



安心決済です
 ベリサインのSSL通信情報の暗号化:
このウェブサイトは、ベリサインのSSLサーバ証明書を使用して、あなたの個人情報を保護しています。https で始まるアドレス上ではすべての情報がSSLで暗号化されてから送受信されます。

 企業/組織の実在性の認証:
INFOTOP INC. は、www.infotop.jp にあるウェブサイトのオーナーまたは運営主体として認証されています。INFOTOP INC. の実在性は、公的な記録によって確認されています。






更に期間限定で、以下の特典をお付けします。


6ヶ月間無料メールサポート
本プログラムのトレーニング法を実践中に何か聞きたいことがあれば、
些細なことでも構いませんのでメールにてアドバイスさせていただきます。

6ヶ月間、回数による制限はございませんので、お気軽にご連絡ください。





本プログラムは、私が持ち合わせている技術のすべてを書き切った、
自信を持って、お勧めできるプログラムです。


今回思い切った価格に設定したのは、
ゴルフを心から上手くなりたいと願う人の思いを
1人でも多く叶えたいと思ったからです。


私はあなたから喜びの声が聞けただけでも、嬉しく思います。
それによって、私の研究が間違っていないことを実感できるのです。


また、よくありがちな、

・ ヒントだけの内容
・ 重要な部分が濁らせてある
・ ネットに溢れている情報の寄せ集め

といった構成ではありません!


本プログラムは、私の集大成と言っても過言ではありません。


是非、本プログラムを実践したあなたが、思い通りのプレイができ、
心からゴルフを楽しめるようになることを心より願っております。




ご購入前によく寄せられる質問にお答えします。
自分のゴルフのレベルが低いと思うのですが、それでも期待できますか?
本プログラムはメンタルに特化した内容になっています。ですので、レベルは特に関係ありません。
本マニュアルと技術面を磨いて頂ければ、必ず上達されるはずです。
まったくメンタルトレーニングなどの知識がないのですが、実践可能ですか?
はい、まったく問題ありません。むしろ、初心者に向けて作っていますので、安心して実践できます。
また、難しい作業でもありません。
誰にでも効果は期待できるのでしょうか?
本プログラムは、年齢や性別などの制限を設けた内容になっていませんので、
実践いただければ、効果が期待できます。
ただ、必ずすべての人に効果があるということを保障したものではありませんので、
その点はご理解ください。
薬やサプリメントを併用するものですか?
一切使用しません。すべて健全に実践できる内容ですので
安心して実践いただけると思います。
ゴルフ以外のメンタル・スポーツにも効果ありますか?
本プログラムは、ゴルフに特化した内容になっていますが、
メンタル・トレーニングのあり方を
学べますので、他のスポーツに応用していただいても、効果は期待できると思います。
大体どれくらいで効果が実感できますか?
個人差がありますので一概には言えませんが、早い人では1ヶ月もかからないうちに、
メンタルが充実してきたことを実感できると思います。
他のゴルフ関連の教材と何が違うのですか?
他のゴルフ教材は、技術面をテーマにしていますが、本プログラムはメンタルをテーマにしています。
メンタルを充実させるからこそ、技術面が生きるのです。
どんな環境下でも実践できますか?
はい、特に場所は選びません。ただ、より効率を上げるなら、できるだけリラックスできる空間での
実践が適しているでしょう。
サポートや質問は受けられますか?
本プログラムに限った内容であれば、メールにてサポートを受けつけています。
何か質問があれば、是非サポートをご利用ください。





追伸



日本におけるゴルフ人口は年々増加しているようです。
いまや、テレビを見れば、若者がゴルファーを目指すのも頷けます。


固いイメージがあったゴルフですが、プロゴルファーの年齢層が若くなったことによって、
より多くの方がゴルフを楽しめるようになりました。


そんなゴルフ人口が増えて、ゴルフにおけるレベルが上がる中で、
自分のゴルフができないのは、なんとも歯がゆいことです。


しかし、必要なトレーニングを積めば、誰でもゴルフが上達します。
その答えが、本プログラムに詰め込まれています。


ゴルフというスポーツを愛し、更なる飛躍を願うなら、
是非あなたの引き出しに、本プログラムを入れて欲しいのです。


私があなたに伝えたいこと、
それは「ゴルフの楽しみ」、「ゴルフの仕組み」です。


理解があれば、向上心も生まれますから、あなたのゴルフは間違いなく変わります。


最後までお読み頂き、心から感謝いたします。
本プログラムが、あなたのゴルフを活性化させることを楽しみにしています。




大滝保